一軒家の部屋 ワンルームの部屋 部屋にいる女性

お得な買い物

家を案内する人

「家を買う」といえば、人生の一大事としてとらえられています。なぜなら、家というものは安くは売っておらず、レジに持っていって気軽に売り買いするようなものではないからです。
それに、家を買うことは人生の方向性を決定づけるようなことでもあります。それは「ここで暮らすんだ」という決意を表すものです。
家を買うということは、「ここで、自分たちの人生を作っていくんだ」と人が決めることなのです。
そういうわけで、おいそれと簡単には進められない家の購入ですが、家の売り買いの仲介をする不動産会社をきちんと知ることで、マイホームへの大きな一歩を、踏み出すことが出来ます。
リビン株式会社という、仲介を主な仕事とする不動産会社は、そのひとつです。

■リビンに依頼しよう
家は、売る人がいて、買う人がいて、その人たちの間を移動します。とはいっても、「不動産」という言葉からも分かるように、実際に人の手から手へ渡されるわけではありません。
家を建てた不動産会社や、これまでその家に住んでいた人たちの手から、買い手となる人へ、所有する権利が移動するのです。
リビン株式会社は、その「移動」がスムーズにいくように、売り手と買い手の仲介をする会社です。買い手となる人に依頼されて、あるいは売り手となる人に依頼されて、売買の間に立ってくれます。
いろんな仲介会社がある中で、特にリビン株式会社についてここで取り上げているのは、この会社が「仲介手数料」にこだわって、依頼してきた人たちがお得に売買することが出来るように、仲介してくれるからなのです。

■仲介手数料にこだわること
リビン株式会社を始めとする仲介会社は、間に立った売買の両端にいる売り手と買い手からの仲介手数料によって利益を得ています。
普通の仲介会社だったら、売り手からも買い手からも手数料を取ります。その手数料と引き換えに、さまざまな手続きを必要とする家の売買の仲介を行うのです。
しかし、リビン株式会社は違います。少なくとも、「家を買いたい」と依頼してきた人から受け取る仲介手数料はゼロというのが基本なのです。
さらに、売り手となる人が個人であった場合、発生する仲介手数料は基本的に相場の半額となっているのです。
つまり、リビン株式会社を通して家の売買をすると、普通なら必要になる仲介手数料分で、得することが出来るのです。

「家を買う」といえば人生の一大事ですが、リビン株式会社を利用すれば、お得な買い物が出来るのです。

オススメリンク

街並み

中古を買う時

人は家を買い、家に住みます。そして、何かの事情で家を売って出…Read more
鍵を渡す人

新築を建てる時

新築一戸建てを建てようと思ったとき、リビン株式会社はさまざま…Read more
一軒家

家の探し方

リビン株式会社のサイトは、扱っている東京都を中心とした首都圏…Read more
住宅を手に入れる

仲介手数料について

不動産業界における「仲介手数料」というのは、家や土地を買う人…Read more
集合住宅

首都圏に家を持つ

首都圏に家を持ちたいと考えている人にとって、「リビン株式会社…Read more

関連リンク